2011年5月18日 (水)

ビッキーのお墓

友人との電話で「立派なお墓があった。」と知りました。

今年の初めに高川山に行ったきり、何やら身辺があわただしくって・・・高川山に行きたい気持ちだけはあったんですが・・・

で、早速画像いただいたので、アップさせてもらいます

Cauub3yv この写真は墓石の一部です。

それはそれはとっても立派なお墓のようです。

きっと、高川山に登山される方たちの安全をビッキーが見守ってくれているんでしょうね

頂上の岩の上で、いつもこうして登山者を迎えてくれていたビッキーです

合掌

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月10日 (月)

高川山。

18  

頂上のこの岩に屋根つきの木箱がくくり付けてあります。

この中には登山者が自由に書き込める登山者ノートがあります。

私も、登山者がいない時などはビッキーのそばでこのノートを読んでゆっくりと過ごしたものです。

そして、新たにビッキーの写真集が添えられています。(これは、友人がビッキーが亡くなった事を知り、慰霊登山と称して登山した際に寄贈したものと思われます。実際、うちにも友人からビッキーの写真集が送られてきました

写真を撮り終えて少し下った所で、コーヒータイムです。

187  

1818 頂上は風が強かったけれど、ここは陽だまりであたたかです。

以前、頂上でビッキーの逢えなかった時、ここまで下ったらどこからか現れたんです。

持ってきたワンコのおやつをここであげたのを思い出します。

アツアツのお湯を持ってきたのは大正解でした。コーヒーがおいしいですheart04

登りに1時間半かかったのに下りは早いです。

特に休憩ポイントもないっていえばないんですが・・・

1819 これも、思い出なんですが・・・

頂上でいつも見送ってくれるビッキーがあるとき、一緒に下ってくれた事がありました。

こんな感じでだらだらと女坂を行くんですが・・・

必ず数メートル先を小走りしながら行きます。

で、途中、「ねぇねぇ、ちょっと~、その足取りで大丈夫?」って感じで振り向くんですよ。

たまに草むらに入って、オシッ●してたりもしてたっけ。

このまま、麓まで下りればいいのに~~と思いながら・・・

でも、男坂と女坂が合流するポイントまでくると、そこから一歩も動かなくなって

しばらくしたら、どこかへ消えて行ってしまいました。

「ここまで来れば、もう、大丈夫でしょ?」

とでも思ってたんでしょうね。

と、まぁ、ビッキーの思い出だらけの登山でした。

今度は、桜の時期にでも行こうかな。

冬は寂しすぎますclub

| コメント (6) | トラックバック (0)

2011年1月 9日 (日)

高川山。頂上からの眺め。

188_2

道標をチェックしてから、頂上を目指します。

ここからは、なぜか、のろのろと写真ばかり撮ってます。

頂上に着いた時にビッキーがいないという事を現実として、認めなくっちゃならないのが嫌だったのかも知れません。

189

ここは、いつも見上げる場所です。

1810

1811

1812 頂上です。

1815

1816_2

1817 リニアの実験線も見えます。1000mに満たない高川山だけれど頂上からの眺めは最高です。

頂上ではたくさんの登山者が思い思いにくつろいでいます。

1814

この岩の上から、いつも登山者を迎えていたビッキー。

勝手にビッキー岩と名付けときます(^^♪

1813  

続きますclover

| コメント (6) | トラックバック (0)

2011年1月 8日 (土)

高川山に登る!

ビッキー!!

今日はkei自動車をウィンウィンうならせて峠越えしてきたよ。

181

183

去年ここに来た時はコスモスが咲いていて、登山道にはハロウィンのデカかぼちゃがあったね。

今日は、いつも逢うおじちゃんもおばちゃんもいなかったけど、また、トマトのおすそ分けを楽しみにここに通うね。

182  

ここが男坂、女坂の入り口になります。

一気に登りたい人は男坂、それなりに登りたい人は女坂、だらだら行きたい人は沢コース。

どのコースも挑戦した事はあるけれど、今日は久しぶりなので、だらだらコースを行く事にします。

この階段は登らずに、右に迂回するように行きます。

しばらくすると、左手に玉子石が見えてきます。数年前は沢コースと言っていたのが、今は玉子石ルートと案内されてます。

184

女坂との合流地点です。

落ち葉の中をただ黙々と歩きます。(ぜぇぜぇ、はぁはぁ言いながら・・・)

そして、頑張って、頑張って、頑張った所でやっと見えます。

185

富士をパチリして、また登ります。

186

ここまで来ると頂上は近いです。

187

ここ、ビッキーとの思い出の場所です。

188

この、手作り感いっぱいの道標は好きです。

続きますclover

| コメント (4) | トラックバック (0)

ビッキーのいない高川山2

足慣らしも完ぺきじゃないまま、3年ぶりの高川山に行ってきました。

Dsc_2306

Dsc_2345

2006年4月30日のビッキーです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ビッキーのいない高川山1

登山記録を綴る前に・・・

去年、10月6日

高川山頂上付近で亡くなったビッキー

ご冥福をお祈りします。

| コメント (0) | トラックバック (0)

ビッキーのいない高川山。

去年、ビッキーの訃報を聞いた時に、すぐにでも駆けつけたかったんですが・・・

諸々の事情で、行くことが出来ず、今日3年ぶりに高川山に行ってきました

登山前にビッキーの眠る墓前に手を合わせて・・・

主のいない高川山に登ります

club

| コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月13日 (水)

認めたくはないけれど

お別れに行ってきました


友人が教えてくれた通りに、大銀杏の下に、眠っていました

今度は山頂まで登らなくても、いいんだね



認めたくはないけれど、



ビッキー



眠っちゃったんだね




お疲れ様







| コメント (0)

2010年10月12日 (火)

悲しい事が多すぎるわぁ

出会いがあれば、当然別れってものがあるわけで
それはいつも突然、やってくるもので





今回もいきなりの訃報に涙も出ない状況です
最後に会いに行ったのはかれこれ三年程前になっちゃうんだね



時間が出来たら会いに行こうと思っていた矢先の事だったから、とても残念です

高川山の有名犬のビッキー
間に合わなかったよ

また、会いたいよ



会いたいよ




| コメント (0)